つわりについて

「つわり」という言葉は、だれもが1度は耳にしたことがあると思います。
そして、そのつわりは、妊娠初期のママによくみられます。
つわりは、妊娠4〜6週くらいから始まって、妊娠12〜16週くらいには、おちつくといわれています。
1番つらいのは8〜10週くらいだといわれています。
でも、100%、みんながつわりを経験するというわけではありません。
もちろん、なかには、つわりを経験しない妊婦さんもいれば、つわりがひどきて、長引いてしまう妊婦さんもいます。
つわりの症状は、さまざまあります。
一般的な症状は、吐き気です。実際に嘔吐してしまう妊婦さんもいます。
また、好き嫌いの変化も出始めます。大好きだったものも、見るだけで吐き気がしたり・・・。逆に嫌いだったものが、大好きになったりもします。
また、いっぱい寝ても寝たりないほどに、かなりの眠気に襲われます・・・。
また、食べても食べても満足できずに、食べ続けないと気持ち悪くなる人もいます。
つわりの症状は人それぞれです。
情緒不安定になったり、体調不良だったり、気分がわるくなることも少なくありません。
また、つわりがひどいときには、病院で点滴などの処置をしてもらうなど、回避する方法はあります。
また、つわりがひどいときは、無理して食事をとらなくても大丈夫です。つわりがおさまってから、栄養補給しても間に合います。
あせらずに、しっかり体調を整えましょう。
CMなどの食べ物をみただけでも、吐き気がしてしまうこともあるので、自分のつわりの症状を把握しておくことも大事です。

つわりの時期

つわりの時期には、個人差があります。もちろん、まったくつわりがない人もいれば、かなりひどいひともいます。
つわりの症状は、水を飲んだだけでも吐き気がしてしまうという重度の症状の人もいれば、逆にほとんど症状がでないひともいます。
症状の一般的な例をあげると、胃がムカムカする・すっぱいものが食べたくなる・食べ物の好き嫌いの好みが変わる・ニオイに敏感になるなどの症状があります。
つわりの時期のピークにも、個人差があります。
妊娠4週くらいから始まる人もいれば、妊娠8週すぎくらいからはじまる人もいます。
つわりのピークの時期はだいたい10週くらいといわれています。
また、そのつわりも、妊娠15週〜16週くらいにはおさまるといわれています。
しかし、個人差があるので、まったくつわりがないひともいれば、出産までつわりがひどい人もいます。
また、妊娠15週〜16週くらいにつわりがおさまるというのは理由があります。
この時期になると、胎盤がほぼ完成するので、流産の可能性も低くなるからです。
そして、つわりの原因は、妊娠によるホルモンの変化がかかわっています。
また、つわりで、胃がムカムカするからといって、市販の胃薬を飲むことは、あまりおすすめできません。
胃薬があかちゃんに影響を及ぼすことは、ほとんどありませんが、効果がほとんどありません。
なので、胃薬を飲むよりは、自分の好きな食べ物を食べて胃を空っぽにしないことや、気分転換をしたほうが、効果があると思います。

妊娠中のつわり

妊娠中のつわりは、統計によると、50〜60%の人が経験しているようです。
しかし、妊娠中のつわりには、症状に個人差があるようです。食べ物を見ただけで吐き気がして、脱水症状になってしまったりする人も中にはいます。
ですから、妊婦さんは、食べたいものを食べたいときに食べることが重要になってきますね。

つわりは、多くの人は、6週くらいから始まるといわれています。また、つわりのピークは10週くらいで、14〜15週くらいで、ほとんどのひとが、つわりの症状がおさまるといわれています。
しかし、これも、個人差があります。まったくつわりの症状がないひともいれば、早めに症状がおさまる人もいます。また逆に遅くまで症状が続く人もいます。
しかし、つわりの症状がひどくても、体重が極端に減っていなければ心配はいりません。

でも、なにもたべられないほどに重症のひとは、病院で点滴などの処置をしてもらうことが必要になります。
そこまで、ひどい症状でなければ、気分転換が重要です。家にずっと引きこもっていると、気持ちも滅入ってしまいます。
また、胃がからっぽだとムカムカしてしまうので、なんでもいいから、一口でも口にいれてくださいね。
食べられるときに、好きなものを好きなだけたべてくださいね。食べすぎには注意です!!

また、ほかにも症状があります。妊婦さんは、普段は普通でも、便秘がちになってしまうこともよくあります。
つわりで、食事をとらなくなってしまうこともかかわりがあります。
水分をできるだけとるようにしましょう。

つわり対策

つわり対策には、さまざまな方法があります。
しかし、つわりの症状も個人差があって、ひとそれぞれなので、自分にあったつわり対策をはやめに見つけておきましょう。

一つ目のつわり対策は、砂糖やミルクを入れないティーを冷やしておきます。そのティーに含まれているタンニン酸が、炎症を鎮めて、吐き気を抑える働きがあります。

二つ目のつわり対策は、カモミールティーです。カモミールティーを1日に5〜6回飲むとすっきりした気分になるといわれています。レモンバームティーとラベンダーティーは、消化によく、リラックス効果も得られます。
薄いミントティーは、ガスが溜まって張ってしまったおなかに効果があります。

三つ目のつわり対策は、ハーブティーを飲むことです。
妊娠中は、カフェインを含んでいる紅茶やコーヒーは摂取しすぎるとよくありません。
また、消化にいいハーブティーは、吐き気の症状をやわらげる効果があるので、おすすめです。

四つ目のつわり対策は、アロマセラピーに使うエッセンシャルオイルのラベンダーオイルなど、リラックス効果のある香りのオイルを、ハンカチなどに数滴たらします。
リラックス効果をえられます。

五つ目のつわり対策は、水を飲むことです。1日2リットルの水をのむことをお勧めします。
でも、いっきに2リットルは辛いので、少しずつ、こまめに水分補給してみてください。
頭痛で悩んでいる妊婦さんに効果があります。

ほかにも、対策はたくさんあります。
自分にあった対策で、つわりを乗り切ってくださいね。

つわりの症状

つわりの症状はひとそれぞれです。
主な症状は、吐き気・好き嫌いの変化・下痢や便秘・情緒不安定・胃のむかつき・唾液が多くなる・ニオイに敏感になる・眠気・・・などです。

妊婦さんの50〜90%がこのような吐き気などのつわりの症状を経験しています。
かなり重症の場合には、病院での点滴などの処置が必要になる場合もあります。

つわりは、妊娠4〜7週くらいから始まり、妊娠12〜16週で終わるといわれています。
しかし、これも、個人差があります。
まったくつわりの症状がない人もいれば、重症で入院する人もいます。

しかし、このつわりの症状の原因は、未だ解明されていません。
原因の1番有力なものは、妊婦さんが分泌するhCGというホルモンだといわれています。
この説のほかにも、妊婦さんが流産を予防するためだとか、自律神経のバランスが崩れたためだとか、いろいろな説があります。

しかし、つわりの症状は、食生活や妊婦さんの気持ちも持ちようで、軽減できるかもしれません。

また、つわりの症状がひどいからといって、市販の薬に頼ることはしないでください。
どうしても、という場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談してください。
自分の勝手な判断で服用することは、よくありません。

つわりはつらいけれど、かならずいつかは終わります。
また、つわりの症状があるということは、おなかの中で、新しい命が育っているという証でもあるのです。
一人ではありません。
プラス思考で乗り越えましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。