つわりの時に食べたもの

つわりのときには、好き嫌いの変化がよくあります。
つわりのときにでも食べられた食事のレシピを紹介します。
でも、個人差があるので、食べれそうなものにチャレンジしてみてくださいね。

まずは、ピーマンとしらすの炒め物です。
材料はピーマン4個としらす大さじ3です。
作り方は簡単です。
1.しらすをごま油でカリカリになるまで炒めます。
2.1cm角に切ったピーマンを入れて、さらに炒めます。
3.火が通ったら、醤油小さじ1杯と七味唐辛子を少しいれて完成!!

もうひとつは、黒米ごはんです。
材料は白米と大さじ1杯の黒米です。
白米をといで、大さじ1杯の黒米をいれていつも通りに米を炊くだけです!!
ごま塩をかけると、お赤飯みたいなカンジに仕上がります。
よく、つわりだと、米を炊くときのニオイや、湯気がだめになる人がいるとききます。
なので、小さなおにぎりにして、冷凍しておくと、好きなときに食べることができますね。

つわりには、「食べつわり」といって、食べていないと気持ちわるくなるつわりと、「吐きつわり」といって、食べても、気持ち悪くて吐いてしまうつわりがあります。
しかし、どっちのつわりになったとしても、栄養をバランスよく摂取する必要があります。
栄養バランスがよく、簡単につくれて、保存できる食事ならなおいいですね。
好きなときに、すきなものを食べることは理想です。
つわりは、一生続くものではないので、ストレスをためないように、気分転換をして、乗り切りましょう。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。