つわり対策

つわり対策には、さまざまな方法があります。
しかし、つわりの症状も個人差があって、ひとそれぞれなので、自分にあったつわり対策をはやめに見つけておきましょう。

一つ目のつわり対策は、砂糖やミルクを入れないティーを冷やしておきます。そのティーに含まれているタンニン酸が、炎症を鎮めて、吐き気を抑える働きがあります。

二つ目のつわり対策は、カモミールティーです。カモミールティーを1日に5〜6回飲むとすっきりした気分になるといわれています。レモンバームティーとラベンダーティーは、消化によく、リラックス効果も得られます。
薄いミントティーは、ガスが溜まって張ってしまったおなかに効果があります。

三つ目のつわり対策は、ハーブティーを飲むことです。
妊娠中は、カフェインを含んでいる紅茶やコーヒーは摂取しすぎるとよくありません。
また、消化にいいハーブティーは、吐き気の症状をやわらげる効果があるので、おすすめです。

四つ目のつわり対策は、アロマセラピーに使うエッセンシャルオイルのラベンダーオイルなど、リラックス効果のある香りのオイルを、ハンカチなどに数滴たらします。
リラックス効果をえられます。

五つ目のつわり対策は、水を飲むことです。1日2リットルの水をのむことをお勧めします。
でも、いっきに2リットルは辛いので、少しずつ、こまめに水分補給してみてください。
頭痛で悩んでいる妊婦さんに効果があります。

ほかにも、対策はたくさんあります。
自分にあった対策で、つわりを乗り切ってくださいね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53551744

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。