妊娠中のつわり

妊娠中のつわりは、統計によると、50〜60%の人が経験しているようです。
しかし、妊娠中のつわりには、症状に個人差があるようです。食べ物を見ただけで吐き気がして、脱水症状になってしまったりする人も中にはいます。
ですから、妊婦さんは、食べたいものを食べたいときに食べることが重要になってきますね。

つわりは、多くの人は、6週くらいから始まるといわれています。また、つわりのピークは10週くらいで、14〜15週くらいで、ほとんどのひとが、つわりの症状がおさまるといわれています。
しかし、これも、個人差があります。まったくつわりの症状がないひともいれば、早めに症状がおさまる人もいます。また逆に遅くまで症状が続く人もいます。
しかし、つわりの症状がひどくても、体重が極端に減っていなければ心配はいりません。

でも、なにもたべられないほどに重症のひとは、病院で点滴などの処置をしてもらうことが必要になります。
そこまで、ひどい症状でなければ、気分転換が重要です。家にずっと引きこもっていると、気持ちも滅入ってしまいます。
また、胃がからっぽだとムカムカしてしまうので、なんでもいいから、一口でも口にいれてくださいね。
食べられるときに、好きなものを好きなだけたべてくださいね。食べすぎには注意です!!

また、ほかにも症状があります。妊婦さんは、普段は普通でも、便秘がちになってしまうこともよくあります。
つわりで、食事をとらなくなってしまうこともかかわりがあります。
水分をできるだけとるようにしましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53551745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。